« 長岳寺 | メイン | 慈光院 »

2005年10月28日 (金)

宝山寺

2t5al5j9

 生駒の聖天さん呼ばれて親しまれています
 
 仏塔古寺十八尊 第15番、真言宗十八本山13番、大和十三仏霊場1番、近畿三十六不動尊29番、西国愛染十七霊場14番、役行者霊蹟札所
 (真言律宗大本山)生駒山「宝山寺」です

 延宝6年(1678)に湛海律師が再興し、歓喜天を祀った
 (事実上の開山)

 斉明天皇元年(655)に役行者が開いた修験道場とされる
 都史陀山 大聖無動寺としださん だいしょうむどうじが始まりと伝わります

本尊;木造不動明王像(江戸時代・国重文)
  鎮守神は大聖天歓喜双身天王です

場所;生駒市門前町1-1   
 ℡、0743-73-2005

交通;近鉄奈良線「生駒」駅下車 徒歩40分
   生駒ケーブル(鳥居前駅)より「宝山寺」駅下車 徒歩12分
  290台


 【重要文化財】
 獅子閣:明治17年(1884)建立の洋風建築(窓にはステンドグラス)
 厨子入木造五大明王像5体:元禄14年(1701)湛海作
 絹本著色春日曼荼羅図、絹本著色愛染明王像、絹本著色弥勒菩薩像
 能本(世阿弥筆)5巻

 般若窟と呼ばれる大岩壁は見ものです
 (役行者が7世紀頃修行をし、般若経を岩窟に納めたといわれます)

 神仏一体の雄大なお寺さん
 商売繁盛と断ちもの(禁酒など)を祈願する庶民信仰のお寺さんです

 撮影日:2008.1.1
 宝山寺のホームページ 行ってみましょう(^_^)v


グーグル地図

フォトアルバム
Powered by Six Apart
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。