« 喜光寺「菅原寺」 | メイン | 和爾下神社「上治道宮」 »

2005年12月 2日 (金)

松尾寺

Khtkm9am

 日本最古の厄除け寺と言われています

 (古義真言宗)補陀洛山「松尾寺」ふだらくさんまつおでらです

 養老2年(718)に舎人親王が『日本書紀』の完成と自身の厄除けを祈願して建立したと言われています
 中世以降は興福寺一乗院の支配下に属するとともに、法隆寺の別院とも称されました

本尊;木造千手観音立像(厄除観音)は鎌倉時代の作(国重文)
 (秘仏のため毎年11月3日のみ開扉)

所在地;大和郡山市山田町683 
 ℡、073-53-5023

交通;近鉄train郡山駅又はJRtrain大和小泉駅より
   bus松尾寺口下車、徒歩30分
  200台
 かなり急坂なので、車で行かれる事をお勧めします
入山料;無料(宝物館は300円)
Spb_yo5f
 三重塔は明治21年(1888)の再建ですが、一部に古材が使用されているそうです

 修験道の開祖・役行者の像を安置する行者堂、大黒天像を安置する七福神堂、阿弥陀堂などがあります

国重文
 本堂は建治3年(1277)に焼失し、建武4年(1337)に再建
 本尊・木造千手観音菩薩立像、釈迦八大菩薩像、阿弥陀聖聚来迎図
 木造大黒天立像(武将のような勇ましいお姿です)

 サツキがとても綺麗なお寺さんです
 tulipミニバラ園(5月15日〜6月5日)の公開もあるので、春に行かれるのもいいですよ
 紅葉の季節は矢田丘陵を1日がかりで散策されるのも良いですね  
 撮影日:2009.9.4  行ってみましょう(^_^)v


グーグル地図

 2014.05.19 再訪 (バラ園を見てきました) Photo_5Photo_6
Photo_7Photo_8
フォトアルバム
Powered by Six Apart
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。