« 徳融寺 | メイン | 大神神社「三輪明神」 »

2006年1月 1日 (日)

不退寺

Pict77_179

 在原業平(六歌仙の1人で、伊勢物語の主人公とも言われる)が開いたお寺です
 四季を通じて美しい花が見られるお寺さんとしても有名です

 正式には(真言律宗西大寺末) 金龍山「不退転法輪寺」です
 『業平寺』とも呼ばれます

 第51代平城天皇が大同4年(809)に嵯峨天皇に譲位し、「萱の御所」を造営
 その後、孫の業平朝臣が承和14年(847)に、父阿保親王の菩提を弔うため精舎に改めたのが始

本尊;聖観音菩薩立像(国重文・業平作?)

場所;奈良市法蓮町517 
 ℡、0742-22-5278

交通;近鉄奈良線「新大宮」駅より 徒歩15分
  10台

 法華寺海龍王寺から一条通りを東に向かい、線路を渡って北へ行くとあります(徒歩で15分)

入山料;大人400円
  (業平忌なりひらき 5月28日・多宝塔開扉は600円)
  (1月1日 修正会・節分・ 星祭 、3月1日~3月31日 春期特別公開 、4月8日 花まつり 、5月1日~5月31日 春期秘宝特別展、10月1日~11月23日 秋期秘宝特別展は500円)

国重文;本堂、南門、塔婆(多宝塔)
   木造聖観音菩薩立像(本尊)、五大明王像、金銅仏舎利塔

 4月上旬のレンギョウも見事ですが
 11月~1月の美男葛、南天、千両も良いですよ 


グーグル地図

  

 庫裏の庭隅に石棺が置かれています
 北側に有る墓地に在原業平五輪塔が有ります
 
フォトアルバム
Powered by Six Apart
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。