« 法融寺(二名) | メイン | 添御県坐神社(三碓) »

2006年2月 8日 (水)

王龍寺

Pqjjgydd

 山門をくぐると、森の中の苔むした参道がとても良い雰囲気です

 (黄檗宗おうばくしゅう) 海瀧山「王龍寺」です

 天平時代(聖武天皇の代)に創建されたと伝わります

 300m続く石段の途中に「鵄神社」の小祠が有ります
 小さな滝が有り、行場だったようです

本尊;十一面観音菩薩 (巨岩に刻まれ、高さ2.1m、高さ4.5m、幅5.5mもあります)
 「建武三年(1336)丙子二月十二日大願主僧千貫行人僧千歳」の銘があります

場所;奈良市二名6丁目1492  
 ℡、0742-45-0616

交通;近鉄奈良線「富雄」駅下車 高山方面行きバスで「杵築橋」下車 西へ徒歩25分
  約40台

  本堂は正月堂とも呼ばれます
王龍寺本堂
 元禄2年(1689)
 大和郡山城主の
 本多下野守忠平が

 梅谷和尚(黄檗宗の開祖・隠元禅師の孫弟子)を招いて

 菩提寺として再建開山したそうです


 庫裏がある裏門横に有名なヤマモモの巨木があります
 樹齢約300年、樹高約11m、目通り約2.7m
 側幹が3本あって、樹幹の基部での周囲は、約5mほどあるそうです(市指定文化財)

 ちょっと不便な場所に在りますが、お勧めの隠れ寺です  行ってみましょう(^_^)v


グーグル地図

フォトアルバム
Powered by Six Apart
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。