« 二名杵築神社 | メイン | 王龍寺 »

2006年2月 7日 (火)

法融寺(二名)

Nuv3r9hu

 参道の階段を登って山門を入ると、七福神の真っ白な石造物が目に飛び込んできます

 (融通念仏宗) 薬教山「法融寺」です

 元は、(真言宗)「地蔵院」と言い、境内の地蔵堂に『子安地蔵尊』がまつられています
 江戸時代初めに、地蔵菩薩を本尊とする「蔵光寺」が同境内に併存した時期が有ったそうです

 中興は学円和尚で、寛文5年(1655)に大念仏寺末となっています

本尊;阿弥陀如来

 富雄駅から県道7号線を北へ向って歩いていくと程なく右手斜面に本堂が見えてきます

 こじんまりした境内には多くの石像物がありました
 手水禽の後にある観音石造は、かなり古そうです

 秋篠寺の次に古い役行者小角えんのぎょうじゃおづのの石像も在るそうです
 天文12年(1555)の刻銘があるそうです

場所;奈良市二名1丁目2420 
 ℡、0742-45-0109

交通;近鉄奈良線「富雄」駅下車 北へ徒歩15分
  約20台


グーグル地図

フォトアルバム
Powered by Six Apart
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。