« 興福院 | メイン | 般若寺 »

2006年2月 3日 (金)

海龍王寺

2xzfjtc6

 山門横の崩れかけた土塀も、趣があって良い感じです

  藤原不比等邸宅の北東隅に建てられたことから隅寺の別称があります
 (平城京の鬼門を守る東北隅にあったためともいわれます)

 天平7年(735)に、僧玄ぼうの為に光明皇后が発願、開基と伝わります

 飛鳥時代に毘沙門天を安置して建立された前身寺院があったようです

 鎌倉時代に、叡尊(真言律宗の宗祖)が復興

本尊;木造十一面観音立像(重要文化財)

所在地;奈良市法華寺北町897   
 ℡、0742-33-5765

交通;奈良駅より 西大寺行きバスで「法華寺前」下車 徒歩1分
  10台(無料)

 拝観料;400円
特別公開
 3月23日~4月7日、10月25日~11月12日(本尊・隅寺心経他)
 5月1日~15日(釈迦涅槃図他)

 遣唐使として唐へ渡っていた初代住職の玄ぼうが帰国の途中、東シナ海で暴風雨に襲われた際、乗船に収められていた海龍王経を一心に唱えたところ、九死に一生を得て無事に帰国を果たしたことより遣唐使の渡海安全祈願を営むようになりました

Lqsqfitm

 国宝;五重小塔(天平時代)
  西金堂内に安置される高さ4mの小塔です
  元興寺・極楽坊の小塔とともに有名

 国重文;西金堂(天平時代)
   経蔵(鎌倉時代・叡尊が建立)
   毘沙門天像文殊菩薩立像(平安時代)
   鍍金舎利塔(鎌倉時代)・十一面観音立像(室町時代)
   木造寺門勅額など 

 春にはユキヤナギの白い花が、境内をおおって綺麗ですヨ

 撮影日:2007.9.14 

 海龍王寺のホームページ

  行ってみましょう(^_^)v


グーグル地図


 法華寺と境内を接し、南側に鎮守社だった春日神社が有ります
フォトアルバム
Powered by Six Apart
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。