« 元興寺「元興寺極楽坊」 | メイン | 元興寺・小塔院跡 »

2006年3月17日 (金)

元興寺「元興寺塔跡」

X11myfwz

 南都七大寺の一つで、法興寺(飛鳥寺)が前身の寺院です
 (現在は二つの寺院に分かれています)

 かつて、元興寺の金堂・講堂・五重塔があった場所です
 基壇の大きさからすると興福寺五重塔よりも大きかったのでしょうか

 現在は東大寺の末寺で、宗派は華厳宗です

 木造薬師如来坐像(国宝)と木造十一面観音立像(国重文)は現在奈良国立博物館に寄託されています

所在地;奈良市芝新屋町12 
 ℡、0742-22-5218

交通;JR・近鉄train「奈良」駅より徒歩15分
 : 有りません

 元興寺・極楽坊(真言律宗)の南です


 幕末(安政6年)の火災で塔も焼失

 境内は整備が進んで、1935年に本堂も改修されています

 木造弥勒菩薩立像(国重文)を安置


 すぐ南側に御霊神社があります


グーグル地図

フォトアルバム
Powered by Six Apart
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。