« 天満神社(桜井河西) | メイン | 白山神社「白山堂」 »

2006年9月13日 (水)

聖林寺

Ly9fs6n5

 多武峰街道沿いの高台にあって、大和盆地が一望できます

(真言宗 室生寺派) 霊園山 「聖林寺」編照院です

 和銅5年(712)に、藤原鎌足の子の定慧じょうえが談山妙楽寺(現談山神社)の別院として建立したのが始まり

 平安時代に三輪平等寺編照院を移転

本尊;子安延命地蔵菩薩坐像(元禄時代)
 (女人泰産と子授けの祈願仏としての霊像)
 安産・子授け祈願に多くの人が訪れるそうです

 天平時代の木造十一面観音菩薩立像(国宝・慶応4年(1868)に廃寺の大御輪寺の本尊)が祀られています
 聖林寺の乾漆十一面観音像

所在地;桜井市下692 
 ℡、0744-43-0005

交通;JR・近鉄大阪線「桜井」駅より 多武峯又は談山神社行きバスで「聖林寺前」下車 徒歩2分
  10台(有料)

拝観時間;9:00~16:30(年中無休)
拝観料;400円
 曼荼羅公開;11月01日〜11月30日(変更の場合あり)

Syourinji
 撮影日:2006.8.17 聖林寺のホームページ


グーグル地図

 再訪;2013.12.22
聖林寺 石段下の歌碑
境内から見える箸墓古墳 境内から見える三輪山
本堂と十三重石塔 南天と鐘楼
本堂前の石造十一面観音像 十三重石塔と南天
山門前の小堂 駐車場脇の地蔵石仏
フォトアルバム
Powered by Six Apart
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。