« 八大龍王「龍岳院」 | メイン | 覚王寺 »

2007年3月18日 (日)

宝山寺奥の院

Vkr__grt

 湛海律師(宝山寺開祖)が入山した当初の居所です

 貞享2年(1685)に光明院、宝永2年(1705)に惣持院
 開祖自身の修練道場(現奥の院本堂の前身建物)として建てられました
 それぞれ自作の不動明王を本尊とする

 明和6年(1769)開山堂を建立(湛海律師の座像を安置)
 開山堂の裏手に律師の五輪塔(開山廟)が有ります
 本堂の奥に大黒堂も有ります

 奥の院に至る参道に立並ぶ弐百数十体の地蔵、観音等の石仏及び水掛子安地蔵尊は、子達の無魔成育を祈り、亡き子の菩提を願う等、信者たちが色々は願を篭めて建てたものです

 8月24日に奥の院参道地蔵盆会が行なわれます

所在地;生駒市門前町1-1   
 ℡、0743-73-2006

交通近鉄生駒ケーブルで「宝山寺」駅より 徒歩15分
  300台(無料)


グーグル地図

 訪・撮影日:2007.1.15  
フォトアルバム
Powered by Six Apart
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。