« 実相寺 | メイン | 蓮台寺(北之庄) »

2007年5月17日 (木)

率川神社「子守明神」

Oy7i8nlm

 三枝祭『ゆりまつり』があることで知られます

 推古天皇元年(593)に大神君白堤が祀ったと伝わります
 (奈良市では最古の神社とされます)

 明治までは、春日大社の摂社でした
 現在は大神神社の摂社となっています

 正式には「率川坐大神御子神社」と言います

祭神;玉櫛姫命;右殿(御母神)
   媛蹈鞴五十鈴姫命:中央(御子神)
   狭井大神:左殿(御父神)
 両親が子を守るようにして鎮座していることから、通称「子守明神」といわれます
 縁結び・安産・育児の神様として女性の信仰を集めているそうです 

境内社;住吉社(上筒之男命、中筒之男命、底筒之男命、氣長帯比売命)
  式内社・率川阿波神社(事代主神=奈良最古のえびすさん・御例祭;6月17日、初戎祭:1月5日)
  春日社(武甕槌命、斎主命、天児屋根命、比売神) 

 社殿は県指定文化財です(2007年3月に改修されました)

例祭;6月17日午前10時~ 三枝祭(ゆりまつり)
 三枝祭とは白酒、黒酒の酒樽に、本社三輪山でとれた笹百合の花(古名さいくさ)を飾ってお祭りするところから起こった名前です
 文武天皇・大宝年間(701)から伝わる古式の神事で、お供えの百合の花は疫病除けとして参拝者きそって乞い受けるものです

所在地;奈良市本子守町18 
 ℡、0742-22-0832

交通;JR・近鉄train奈良駅より 徒歩7分
  10台

 伝香寺の少し北に有ります


グーグル地図

 訪・撮影日:2007.3.28   行ってみましょう(^_^)v
フォトアルバム
Powered by Six Apart
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。