« 伊弉諾神社(長弓寺) | メイン | 追分神社 »

2008年4月 9日 (水)

円證寺

Okpt31qv

 戦国武将の筒井順昭の菩提寺です

 真言律宗西大寺の末寺

 寛平年代(890頃)大和筒井庄に創建され、後に戦国武将の筒井順昭が筒井氏の外館として営んだ別院
 天文19年(1550)順昭が没した後、息子の順慶が寺に改めました

 昭和60年に、文化財保護継続のため現在地に遷寺しました

本尊;釈迦如来坐像(鎌倉時代中期、定朝の作と伝える)
  左脇侍「普賢菩薩騎象像」、右脇侍「文殊菩薩騎獅像」
  (共に重文・平安時代前期と後期の作)(円証寺の普賢菩薩騎象像

 本堂(国重文)は、室町末期の特色をよく現した仏堂です

 不動明王像(平安時代作)、千手観音像(鎌倉時代作)、空海像等も安置されます

 本堂横の石造五輪塔(国重文・高さ2.6m花崗岩製)は筒井順昭の供養塔です
 地輪部に「順昭栄舜坊、天文十九年(1550)庚戌六月廿日」の刻銘があります 

 奥書院(客殿、至聖坊)に、天正13年(1585)筒井定次(順慶の養子)が伊賀の城主になって集めた古伊賀と云う伊賀焼の真髄を伝える名作を陳列した室があります

 客殿の前面が「石庭(雪山の庭)」です

場所;生駒市上町4713   
 ℡、0743-79-1170(拝観は事前に連絡が必要です)

交通;近鉄奈良線「富雄」駅より 高山方面行きバスで「出垣内」下車 徒歩5分
  20台


グーグル地図

 撮影日:2008.3.21  

 近くに、安養寺が有り、富雄川沿いを500mほど北へ行くと長弓寺が有ります
フォトアルバム
Powered by Six Apart
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。